ガスと電気なしの暖房

今日、私たちの中にはかなり鋭い郊外の地域の暖房。夏の間に家を暖めるという問題を解決することに注意を払うことができないなら、秋と春には世話をする価値があります。もちろん、ガスを持ち込む必要があると多くの人が話すことができます。これが正しい助言になります。しかし、ガスのメインが欠けている場合はどうなりますか?このような状況から脱出する方法もあります。ガスなしで暖房を効果的に整理する方法について話しましょう。

ガスなしで加熱する

何を始める必要がありますか?

あなたが決めなければならない最初のこと代替熱源。上記のように、状況から脱出する方法があります。ガスがない場合は、暖房用電気機器を購入することができます。簡単に言えば、電気加熱をインストールする。しかし、ダチャには安定した電力源がないかもしれません。この場合の問題を解決する - これは、木材のための炉の構造、 - メイン燃料。我々は自信を持って、それが広く、この日に使用されているので、多くの場合、加熱のこのタイプは、外国人ではないと言うことができます。この単純な理由から、ガスなしで加熱庭は何の問題もなく開発することができ、そして今、我々はそれがどのように見てください。

石炭ボイラー

あなたがタイトルから推測できるように、この装置は石炭と木材で作動します。このような加熱装置は、暖房だけでなく調理にも使用できることは注目に値する。

特別な部屋での燃料の燃焼、加熱ラジエータを通過するクーラント。その結果、あなたの家は暖かくなります。残念ながら、温度を正確に調整する方法はありません。

現在、市場には幅広い選択肢がありますボイラーのうち、古典的なものの他に熱分解およびガス発生のものがある。キャリアを100度以上加熱する必要はありません。より多くの薪を刺すだけです。実際、これは最も一般的なオーブンであり、昔と同じように、わずかに外部的に改善されています。熱分解およびガス燃焼ボイラーがネットワークからのみ作動する場合、通常の古典的なオプションは電気なしで機能することができます。

ガスと電気なしで暖房

電気ボイラー

ガスなしでダッハの加熱を調整する必要がある場合理想的な解決策は、電気ボイラーで加熱することです。これは非常に高価な方法であることを理解する必要がありますが、時にはそれが利用可能な唯一の方法です。

電気ボイラーは現在味。これは、容量とコストの両方に適用されます。非常に経済的で信頼性の高いものもあれば、安価で簡単なものもあります。しかし、電気機器は突然の急激な電気サージを恐れているので、機器を損傷から救うために、追加の安定剤を購入することをお勧めします。

ほとんどの場合、使用することをお勧めします唯一のスペアとしての電気、すなわち、熱源のバックアップ。電気ボイラーはかなり軽量で、適切な設置があれば完全に安全です。 100平方メートルの部屋の場合、約10kWの設備が必要となる。

液化ガスによる加熱

自律加熱について

電気加熱が可能な場合いいえ、問題を解決するための選択肢として、小さな自律ガソリンスタンドの設備を検討する価値があります。このソリューションの重大な欠点は、デバイスを購入するには高コストです。 1つのgasholderだけで多くの費用がかかり、その価格は量に依存します。しかし、資金に問題がなく、代替解決策がない場合は、このオプションを検討することができます。

Gasholderはボイラーに燃料を供給し、ボイラーはホットラジエーターだけでなく、温水システムも提供します。

別の方法があります - ガスをガスで加熱するシリンダー。しかし、それは彼らが永久に住んでいないときにのみ良いです。事実、シリンダの長い要求のためには、長い間は十分ではありません。さて、いくつかのより適切な加熱方法を検討してください。

自分の手で国で加熱する

私たちは太陽のエネルギーを使う

このような加熱を実現するには、電気やガスは必要ありません。この方法の本質は屋根に太陽熱収集器を設置することです。彼らは太陽エネルギーを熱エネルギーに変換し、それを熱キャリアに移す。このシステムは自然の要因に最も依存していると言えます。たとえば、太陽地域の場合、それは適していますが、霧の多い地域では太陽系を設定することは意味がありません。それはうまくいくが、私たちが必要とするほど効率的ではない。

不可欠な欠如について話す場合システムでは、設置費用が高く、コレクターのメンテナンスがより多くなります。さらに、このような装置は機械的損傷に対して非常に敏感であり、これは記憶されなければならない。大きな熱損失を排除するために、建物を高品質で断熱することを推奨します。今日、ダッハやコテージを暖めるための太陽エネルギーの使用はエキゾチックとは言えませんが、この種の加熱はまだ開発されていません。

私達は私たち自身の手でダチャの暖房を提供する

ガスのないコテージのための加熱
多くの国内の職人が加熱できるボイラーを購入することなくもちろん、これにはスマートさと大きな忍耐が必要ですが、これは最も安く時には非常に効果的な方法です。彼は炉の建設中です。その結果、ガスと電気なしでダッハの暖房を整理することができます。低出力の複合石炭ガスボイラーを購入することは時々安いですが。彼にクーラントを持ち込み、サージタンクを設置する。

ラジエーターの設置はすでに別のトピックです会話。微妙な違いがあります。家の中の温度を最適なレベルに保つために、燃焼室への燃料供給を常に監視する必要があります。もちろん、いくつかの小さなお部屋を暖房する必要がある場合は、自家製のバーガーでできます。それは薪や石炭でのみ加熱することができます。

地熱発電とは何ですか?

多くの人が彼について聞いたことがないという事実にもかかわらず、毎年、それはより人気を集めています。この方法の本質は、地球の内部の深さから熱を抽出することです。私たちは皆、温度が地上でより高いことを知っているので、この方法が行われます。

システム自体は、特別な熱ポンプとマニホールド。この装置は地下または水中に設置されています。デザインは非常に高価ですが、非常に効果的です。まず、それは完全に生態学的にクリーンなタイプの暖房です。そして、第二に、地熱が復元されるので、寒いときにはあなたは絶対に滞在しません。しかし、ガスを与えないように加熱することは必ずしも望ましくないと言うことができる。これは設備のコストが高いためです。

シリンダーからのガス加熱

結論

我々は、加熱の方法。いくつかの方法は自信を刺激しませんが、技術は常に進化しており、ますます新しい方法の加熱があります。例えば、液化ガスでダッハを加熱することは非常に高価である。しかし、隣人と半分の自律的ガス化を確立することは常に意味があります。この場合、より大きなガソリンタンクを購入する必要がありますが、資金のかなりの部分を保存します。

ご覧のように、ガスがなくても問題を解決するための選択肢がたくさんあります。

気に入った点 -
0
加熱用のカウンターを設置する価値はありますか?
50リットルのボトルに何リットルのガスが入っていますか?
すべての味のためのダッカ用ガス炊飯器
夏のレジデンスのためのガスボトル:我々は整理する
夏の家のための炉 - burzhujka:それは何ですか?
固体燃料ボイラーによる暖房 - 有益
加熱装置を取り付けてください。ボイラー
ガスボイラーによる暖房:どうなるか
長い燃焼の固体燃料ボイラー:
トップポスト
アップ