子供の寒さ(2年):何を治療するのか、それを正しく行う方法

しかし、世界の子供は、病気。寒さの間、赤ちゃんは免疫を形成する。これは非常に重要です。将来的には、あなたの子供の身体は、既に慣れ親しんできたウイルスにすばやく対処する方法を学びます。病気の期間中、適切な治療を選択するために、子供に適切な注意を払う必要があります。結局のところ、病気の結果はそれに依存します。それは肯定的でも否定的でもあります:回復または合併症。

多くの場合、両親は自分自身に尋ねます: 子供の寒さが始まると(2年)、それを治療するよりも?今日の記事では、感染と戦うさまざまな手段について説明します。しかし、任命は医師が行うべきことを覚えておく価値があります。特に、それは幼い子供になると。

治療するよりも2年間子供が寒い

病気の性質

寒さ(2歳の子供)を治療する前に、その起源の性質を理解する必要があります。すべての感染症は細菌、真菌、ウイルスに分類されます。後者は前任者よりずっと一般的です。この場合、不適切な治療を伴うウイルス性疾患は細菌の合併症を引き起こす可能性があります。この感染の治療には、真菌病変の付着が伴う。人体のすべてが相互につながっています。したがって、赤ちゃんに倦怠感を引き起こすコーヒー敷地を推測すべきではありません。さらに、この年齢の子供の中には、それが何を傷つけているかを実際に説明することすらできないものもあります。

子供の病気の主な徴候: 鼻水、発熱、咳。赤ちゃんが頭痛や光恐怖症を抱えていて、親の体温計に39度以上のマークが付いている場合は、インフルエンザに感染する可能性が最も高いです。子供がしばらくして(後に湿った)咳をし、温度が下がらないと、それは気管支炎です。喉の痛みと扁桃の接触は狭心症の話です。また、幼児はしばしば喉頭炎、咽頭炎、鼻炎、耳炎などの病気に直面する。それらのすべてには異なる治療法があります。子供の寒さが始まる(2年)場合、どうするべきか考えてください。この場合、子供を治療するよりも?

寒さの治療

実際にはすべてのケースで(いくつか)子供たちは鼻水をします。最初に分離される秘密は、透明な色と液体の一貫性を持っています。前に、親は激しいくしゃみを感じることがあります。その後、腫れがあり、呼吸が崩壊し、鼻からの排出が厚くなる。これらはすべてウィルス感染の徴候です。数日後に鼻からの排出が緑色または黄色の色調を獲得すると、細菌感染が合併する。そのような状況で寒さ(子供に2年間)を治療するよりも?どのように呼吸を促進するには?

医師の任命なしでは、それは完全に正当である、あなたあなたは塩溶液を適用することができます。これらは、 "Humer"、 "Aquamaris"、 "Rhinostop"などの手段です。赤ちゃんの鼻に導入すると、1日に最大8〜10回まで行うことができます。調製物は、病原体の粘膜を洗浄し、余分な液体を吸引することによって膨潤を排除する。この病気の初期段階では、グリップフェロン、ジェネフェロン、デリナートなどの薬が有効になります。これらは、生後1日から使用が認可されている抗ウイルス剤です。指示に従って厳密に使用してください。鼻の抗生物質はほとんど処方されていません。独立して適用することは不可能です。実行準備: "Isofra"、 "Protargol"、 "Polidex"。

寒い2歳の子供を治療するよりも

フィーバー:いつ温度を落とす?

ほとんど常に子供の増加病気の場合の体温。このような症状で、子供の寒さ(2年)が始まります。治療するよりも温度をいかに低くするか? 38.5度の温度計のマークの前に、母親は解熱剤をつかむべきではないということはすぐに言えることです。すべての親が子供の状態を緩和したいことは明らかです。しかし、この温度では、ウイルスに対する免疫の積極的な闘争が始まります。あなたは将来、良い体の抵抗を持っている赤ちゃんをしたい場合は、待ってください。この規則の例外は、神経学的障害を有する小児である。それらのために、解熱組成物の使用は既に37.7度で必要である。

削減する最も安全な方法子供の体温は "パラセタモール"とその構造類似体( "パナドール"、 "セフェコン")とみなされます。 "Ibuprofen"または "Nurofen"を使用することは許されます。例外的な場合には、 "Nimulid"、 "Nimesulide"または "Naize"が任命される。解熱薬の投与量は常にボディクラムの質量に依存することを忘れないでください:正しく計算してください。

温度が間違っていなければどうですか?

しばしば病気の幼い子供では、白熱が始まります。この機能は、子供の寒さ(2年)を明示することができます。治療するよりも?この状態を解消する薬のリストは次のとおりです:

  • 解熱薬(より頻繁には、メタミゾールナトリウムに基づく資金を使用する);
  • 鎮痙薬(No-Shpa、Drotaverin、Papaverin、Papazol);
  • 抗ヒスタミン剤(「Dimedrol」、「Tavegil」、「Suprastin」)。

各構成要素は、子供の年齢。ほとんどの場合、「Analgin」、「Dimedrol」、「Drotaverin」の組み合わせを使用します。この場合、子供は2歳であり、これは各治療法の0.2ミリグラムが必要であることを意味する。注射は筋肉内投与される。

薬のリストを扱うよりも2年間子供が寒い

ペルシングと喉の痛み

ほとんど常に痛い子供(2年)で寒さを飲み込む。この状況で子供を扱うよりも?この年齢での再吸収およびスプレーのためのロゼンジの大部分は依然として禁止されている。医師はホテルの指示でのみ、「タンタン・ベルデ」、「浣腸」(咽喉ではなく、頬の内面に散布した状態)などの手段を推奨することができます。

赤ちゃんの扁桃および隣接する粘膜を以下の処方で処置することは許容される:

  • "ミラミスチン"(細菌、ウイルス、真菌を殺し、浄化する)。
  • 「クロロフィルリップ」(細菌感染に有効、ブドウ球菌によく対応し、炎症を和らげる)。
  • "ルゴール"(洗浄、消毒、プラークと細菌感染の場合に非常に有効)。

抗ウイルス薬の使用

子供がしばしば寒い(2年) - 治療するよりも?抗ウイルス作用と免疫調節作用を持つ医薬品は、右と左の小児科に適用されるようになりました。医師は予防のために、そして治療のために直接処方する。最も安全な製剤は、インターフェロンの合成を刺激する薬剤であることが知られている。このような薬物は、ウイルス自体と相互作用しません。彼らは免疫システムを働かせ、一般的な風邪に対処します。これらの医薬品の商品名は「Viferon」、「Kipferon」、「Anaferon」、「Ergoferon」などです。

医師は、 "Isoprinosine"、 "Groprinosin"、 "Aflubin"、​​ "Ocillococcinum"、 "Citovir"など多くの医薬品を赤ちゃんに処方することができます。しかし、あなた自身で使用しないのが最善です。

寒い子供の治療よりも2年間とどのように正しく

抗生物質はいつ必要ですか?

子供の寒さ(2年)が始まると、世話をする母親は抗生物質をつかむことがよくあります。治療するよりも?実際に抗菌剤が必要な症状は次のとおりです。

  • 緑色または黄色のスノー;
  • 重度の咳;
  • 体温は5日以上続きます。
  • 処方された治療は助けにならず、子供はさらに悪化する。
  • 耳に痛みがあった。
  • 扁桃腺に厚い白いコーティングが現れた。

あなたの赤ちゃんが記載されているすべてのもの症状はすぐに彼に抗生物質を与える理由ではありません。子供を医者に見せてください。結局のところ、小児科医だけが必要な薬を正しく選択して、望ましい用量を計算することができます。多くの場合、医師は幅広い活動のために子供に抗生物質を処方します。薬物ペニシリン系およびマクロライドが好ましい。あまり一般的ではないが、セファロスポリンは処方されている。あなたの赤ちゃんに適した商品名は、専門家によって指示されます。

寒い子供(2歳):治療するよりも?民間療法)

近年、多くの親がフォークレシピを優先して化学薬品や錠剤を拒否すること。確かに、それらのいくつかは効果的です。しかし、あなたはその尺度を知る必要があります。子供を失神させないでください。あなたの方法がうまくいかないことがわかったら、医者に連絡してください。

  • 体温を下げるワイピングこれには簡単な清潔な水を使用してください。それは、ウォッカまたは酢で子供をこすることは禁じられています。レモンやオレンジのスライスを持つビタミンC.ブリュー赤ちゃんかなり弱い温かいお茶の助けを借りてすることができ、温度計を減らします。
  • 天然抗生物質と抗菌剤:ニンニク、タマネギ、アロエジュースなど。体の抵抗力を高めるために、子供にレモン汁とタマネギの混合物を四分の一杯分与えることができます。
  • 赤ちゃんが体温を持たない場合にのみ、足を跳ね上げ、熱による吸入(ジャガイモを吸う)をしてください。多くの小児科医がそのような出来事を歓迎していないことは注目に値する。
  • 喉を治療するためにすすぎが可能です。解決方法は、ソーダと塩、カモミールのスープやカレンデュラなど、あなたの裁量で選択されます。
  • 咳をすると蜂蜜とバターのスプーンで暖かいミルクを助けます。蜂蜜は強いアレルゲンであることに注意してください。

子供の寒さは民間療法を扱うよりも2年間です

最も快適な条件を作成する

寒さの最初の症状が発症した場合子供(2歳) - 治療するよりも?合併症の予防と病気の治療には、赤ちゃんにとって最も適した条件の作成が含まれます。あなたが暖かい、邪魔な部屋に子供を置く場合、それは悪化するだけです。周囲温度は23度を超えてはいけません。湿度は60〜70%に設定されています。クラムが冷たい場合は、加熱装置をオンにするよりも、暖かくそれをドレッシングする方が良いです。

赤ちゃんが食べることを拒否した場合 - これは正常です。 強制的に子供に給餌しないでください。より頻繁に飲むことが重要です。赤ちゃんに飲み物を与えてください。彼はジュース、モース、お茶、ミルクを好きです。結局のところ、ほとんどの病原体が排泄されるのは液体である。病気の間、寝たきりが示されます。しかし、2歳の子供はそれを観察するのに十分なほど難しいです。したがって、責任は両親の肩に移ります。静かなゲームを思いついてください。子供がベッドから出ていても、彼の活動を制限しようとする(ジャンプして走らせない)。

私は入浴して歩くことができますか?

子供の寒さはどのように扱われるよりも(2年)現れますか?治療は、あなたがすでに知っている必要があります。親はいつも疑問を持っています:入浴や歩くことは可能ですか?私たちはそれらに答えます。

赤ちゃんを浴びることは可能であるだけでなく、必要です。 高温での水処理は除外してください。入浴中に、子供は湿った空気を吸い込み、水滴が吐き出し口に入り、粘液の自然な液化および膜の湿潤に寄与する。寒さの中での入浴の禁止は、子供たちが谷に浸され、すでに弱まった赤ちゃんを過冷却するのを恐れていた時から私たちに来ました。

あなたは歩くことができますが、温度がない場合のみです。 赤ちゃんが咳や鼻水をしていても、これは散歩の禁忌ではありません。天気に合わせて子供に服を着せ、他の子供との接触を最小限にすることが重要です。

薬物を治療するよりも2年間子供の風邪

両親の主な間違い

必要なアクションはすでにわかっています子供が2年間風邪をひいている場合(治療方法)。医師のレビューによれば、両親自身が細菌性合併症の原因をしばしば責めていると報告されています。思いやりのあるお母さんとお父さんは赤ちゃんを誤って扱い、気管支炎、肺炎、中耳炎、その他の病気を引き起こします。このような病状には、より深刻な薬物が必要です。それで、両親の主な間違いは何ですか?子供が風邪をひいている場合(2年)-何を治療すべきではありませんか?

  • 抗生物質。これらの薬は特定の証言。しかし、多くの場合、母親と父親は子供を不必要に与えます。抗菌剤は通常の微生物叢を破壊し、それによってウイルスの悪影響を高めます。抗菌薬はウイルス感染では無力であることを思い出してください。
  • 解熱剤。高温(38.5度以上)でのみ摂取する必要があります。そうでない場合、赤ちゃんの免疫力が正しく形成されません。
  • 鎮咳剤。子供に鎮咳剤を与えないでください化合物、この症状を迅速に排除しようとします。咳は、刺激物に対する身体の自然な反応です。このようにして、が気管支から除去されます。粘液溶解薬および去expect薬を使用することをお勧めします。
  • 一度にすべての薬。 説明されている薬は良いですが、それぞれ個別に、特定の適応を伴う。一度に複数の薬を子供に与えると、反対の反応が起こります。薬を組み合わせるときは、必ず説明書を読んでください。

予防より2歳の子供の風邪

要約しよう

この記事では、風邪が子供にどのように現れるか(2年)。治療できるもの、医師によって処方されたとおりに最もよく使用される薬-前述のとおり。あなたも、最寄りの薬局の薬剤師も正しく診断できないことに注意してください。 3日後に子供が気分が良くない場合は、医師に相談してください。迅速な回復!

気に入った点 -
0
注意する親:温度を下げる方法
子供の咳は何を言いますか?
子供の水痘をどうやって治療するのか?
子供の鼻水をすばやく治す方法:
赤ちゃんの風邪。原因、症状および
子供の耳の痛み:両親に何をすべきか
妊娠中の唇の寒さ:原因
妊娠中の風邪より2
妊娠と風邪:どのように
トップポスト
アップ