炭水化物と脂肪は体に有益で有害である:リスト

健康的な食事は健康の保証です。しかし、誰もが食事中にそれについて考えるわけではありません。しかし、タンパク質、脂肪、炭水化物の消費を抑えることは、美しい姿を維持するだけでなく、肥満を含む特定の病気から身を守るのにも役立ちます。

脂肪、有用

しかし、誰もが有用な脂肪があることを知っているわけではなく、逆に炭水化物は有害である。クレームはタンパク質だけでは生じません。生物学の教訓から覚えているように、それは結合組織の構築に関与し、代謝を調節し、血液によって有用物質を伝達し、保護機能を有するタンパク質である。しかし、主な機能がタンパク質に対処しているのであれば、なぜ脂質や炭水化物が必要なのでしょうか?

どの脂肪が有用か?

脂肪のおかげで、私たちの髪と皮膚は健康です体は寒い季節には凍結せず、熱で過熱することもありません。確かに、1つだけですが。すべての脂肪が有用な特性を持っているわけではないので、最もカロリーの多い食品のリストを見る前に、このトピックを詳しく見てみましょう。

脂肪の構造

知られているように、脂質はグリセリンと脂肪酸 - トリグリセリドの組み合わせ。各トリグリセリド分子は、炭化水素鎖と酸残基からなる。そのような鎖は、飽和脂質および不​​飽和脂質のいずれが単離されているかに応じて、長さまたは結合数が異なることがある。また、脂肪酸は原子数で分類され、その後に二重結合が形成される。彼らは体にとって特に重要です。日常的には、それはオメガグループの脂肪です。

脂肪、有用

体が適切に機能するためには、不飽和酸(オメガ3、オメガ6、オメガ9)を含む脂肪を消費する必要があります。

どの脂肪が有用か
ただし、ここにはいくつかのルールと使用の特徴。例えば、オメガ3およびオメガ6つの脂肪は互換的に使用されるが、後者は、毎日のノルムを超えてはなりません。あなたはそれを計算する方法を正確にわからない場合は、最も簡単な方法は、覚えておくべき。オメガ6中の脂質は、食事であるべきである。この計算は、身体に健康な脂肪は、外部からのみ得ることができ、したがって、供給過剰の危険性があるという事実によるものであるオメガ3よりも4倍大きいです。対照的に、オメガ9は、食品の両方から得られ、独立して開発することができます。記載された脂肪はどのような食品に含まれていますか?さて、私たちは見つけ出すでしょう。

脂肪源のリスト

オメガ3脂肪の主な内容は魚および藻類、マメ科植物およびナッツ類、ならびに種々の油中に存在する。良い脂肪を列挙する特定のリストを考えてみましょう。製品は以下の通りです。

  • ほとんどのオメガ3脂肪はサーモン、サバ、ニシン、マス、イカ、ハリバット、パーチ、コイに含まれています。
  • 彼らはまた、豆、大豆、ホウレンソウ、ブロッコリーおよび他の濃緑色の植物でも見出すことができる。
  • 大豆、ブドウ種子、亜麻仁、ゴマ、トウモロコシ、カボチャの種、クルミとオート麦に存在する。

オメガ6の含有量は、ヒマワリ、トウモロコシ、綿実油、大豆油、川の魚、ナッツと種子、鶏肉と卵、ブラックカラントとプリムラでかなり高いです。

  • オメガ9はナッツ、シード、ラード、アボカドの組成で存在します。いくつかのヘーゼルナッツまたはピーナッツは、必要な規範で身体を飽和させることができます。
  • オメガ9の最大量は、オリーブ、アプリコットなどの油分中に見いだすことができる。

脂肪の利点について

確かに、これらの脂質の各々は有用な特性を有し、そうでなければそれらについて話すことは無意味な運動である。

脂肪の有益な特性
例えば、オメガ3脂肪の有益な特性コレステロールのレベルを低下させること、脳の細胞の形成、網膜、精子、血管を洗浄し、それらに弾性特性を戻すことにある。また、オメガ3のおかげで、血圧が正常化し、過度の血液凝固を防ぐことによって脳への血液供給が改善されます。炎症プロセスが減少し、関節炎、アテローム性動脈硬化症、心臓発作および脳卒中のリスクが軽減される。オメガ3酸で飽和した脂肪で使用すると、組織や骨の再生が著しく加速され、一部の皮膚疾患はそれほど深刻ではありません。さらに、これらの脂質は糖尿病の食事の不可欠な部分です。

オメガ3については、女性の健康な脂肪と言われています。なぜ

オメガ3脂肪のメリット

まず、これらの脂肪の使用は、形状に影響を与える。しかし、髪、肌、および骨の改善は明らかになります。体は絶えずこれらの物質を必要とするため、必要な時にそれらを蓄積する時間がありません。第二に、オメガ3の不飽和脂肪は気分の揺れやうつ病の優れた手段であり、神経系の働きを正常化させます。

オメガ6の有用な特性

オメガ6はオメガ3の完全な代替品と見なすことができますが、体に与える影響は多少異なります。これらの物質はなぜ非常に有益ですか?

健康な脂肪製品
飽和脂肪のため、オメガ6は減少する乾燥皮膚、コレステロールレベルが低下し、代謝が正常化し、脆い爪が排除され、脳活動が改善される。臨床試験は、これらの脂質が多発性硬化症および糖尿病の治療および予防にうまく使用されることを証明している。また、脂肪酸は、婦人科および泌尿器疾患、神経症状および心臓血管病変の予防に使用されると考えられている。

オメガ9の有用な特性

オメガ9脂肪酸は劣っていません体に有益な効果をもたらす有益な性質があると考えられています。また、インスリン産生に対する細胞の作用の活性化に起因する糖尿病の発症を予防することもできる。オメガ9のおかげで、私たちの体は様々な感染症に抵抗でき、免疫力を発揮することができます。考慮されている脂肪とは対照的に、オメガ9は、血液中のコレステロールのレベルを下げるだけでなく、高度に抵抗性であるため、特定の化学反応の結果として発癌性物質を体内に放出しません。

それは、すべての提出された酸魚油に含まれています。私たちの曾祖母はその利益について知っていました。多くの世代の子供たちが、長い間主なビタミンとしてそれをとってきました。しかし、女性にとって魚油の利点を知る人はほとんどいません。

女性の健康な脂肪

ヨウ素とそれに含まれるリンは、甲状腺疾患と代謝を改善する。ビタミンAとDに含まれているのは、髪と爪を強化し、状態と顔色を改善するだけでなく、皮膚の弾力性を高めることです。脂肪酸はスリムな姿を維持するのに役立ちます。

しかし、他の物質と同様に、体に悪影響を及ぼす可能性を奪われることもありません。

とても良いか悪いですか?

身体に良い脂肪は、多くの状態が続く場合にも健康を損なう可能性があります。

例えば、オメガ3の欠如は、彼の過量。実際にこの現象はまれであり、実施が困難であるにもかかわらず、アレルギーは最小限の結果であり、肝疾患の悪化は最大であり得る。

過剰なオメガ6の体内への影響は、前の場合よりはるかに悪いしたがって、体内でのこの物質の過剰な含有量の結果として、血液粘度が上昇し、心臓発作または脳卒中を発症する危険性があり、血栓もまた可能である。また、過剰な脂肪酸濃度は癌細胞の増殖を脅かす。最低限の結果は、免疫力の低下である。

オメガ9は代謝を調節するように設計されているにもかかわらず、体内の過剰量は過剰体重を招く可能性があります。

したがって、これらの一見有益な脂肪を積極的に使用する前に、すべての点で測定が重要であることを覚えておいてください。

脂質の話題に触れたので、炭水化物について話すことは不可能です。健康な脂肪と炭水化物の組み合わせでのみ、適切な栄養を整理することができます。

炭水化物。彼らの使用と害

炭水化物では、すべてがやや簡単です。複雑な炭水化物と単純です。すなわち、低血糖指数および高値の炭水化物。彼らはどのように違いますか?

健康な脂肪と炭水化物

シンプルな炭水化物は、血糖値の上昇によるエネルギーの迅速な放出を目指しています。

それらはチョコレート、焼き菓子、果物に含まれています。 一言で言えば、すべてのグッズ。だから、チョコレートバーは素早いスナックとしては良いが、主な食事としては悪い。飢えの気持ちは、数時間正確に失われるでしょう。

複雑な炭水化物は、体に入って、長い時間分割され、絶えずエネルギーを身体に与えます。

体に有益な脂肪
彼らは様々な穀物、マメ科植物、全粒粉パン、パスタデュラムの一部です。

この場合、単純な炭水化物、分割、瞬時に脂肪に変わることを覚えておいてください。そうでなければ、あなたはスリムな姿を忘れることができます。

結論

脂肪は、使用される場合にのみ有用である1日の料金に制限されています。過剰は、外観に悪影響を与えるだけでなく、健康にも大きな影響を与えます。したがって、オメガ脂肪酸摂取の記載された効果に触れる前に、それらの誤用の結果を考慮する。

気に入った点 -
0
複雑で単純な炭水化物:より有用です
どんな食べ物が炭水化物ですか?
製品の食品価値
あなたは正しい食べ方を知っています
脂肪、トランス脂肪酸、飽和脂肪とは何ですか?
最も速い場所を知りたい
そしてあなたはタンパク質がどこにあるのか知っています
炭水化物を含む製品
有用な物質はどこに含まれていますか?
トップポスト
アップ