女性のための抗アンドロゲン剤:レビュー、価格、説明

アンドロゲンは反応する特別なホルモンです男性の体の性器の働きのために。これらの物質は声の音色とより強い性の代表の見かけを決定します。しかしながら、多くの要因により、アンドロゲンは女性の体内にも蓄積する可能性があります。同時に、少女と女性に対するそれらの影響は非常に不快なものになる可能性があります。女性の体の男性ホルモンの量がロールオーバーする場合、それは特別な抗アンドロゲン薬や薬を服用する必要があります。

アンドロゲンはどのような機能を果たしますか?

アンドロゲンは生殖器の正常な機能に責任があります臓器。さらに、これらの物質は骨組織を強化するのを助けます、そしてまた他のホルモンの生産に責任があります。皮脂腺の正常な機能を制御するのはアンドロゲンです。ホルモンや抗アンドロゲン薬がニキビやひどいニキビの治療に使用されるのは偶然ではありません。女性の体内の性ホルモンの量が正常であれば、月経周期は乱されません。女性の泌尿生殖器系に問題がある場合は、婦人科医がホルモン障害がないことを確認するために検査を行います。

女性のための抗アンドロゲン薬
女性のアンドロゲンの数が超過すれば正常、男性の性的特徴があるかもしれません。これは顔の毛の量の増加、皮膚分泌物の過剰分泌です。不妊や健康な子供に耐えられないことにつながる悲惨な結果もあります。この場合、女性のための抗アンドロゲン薬は単に必要です。しかし、正しい治療を処方できるのは医者だけです。

女性におけるアンドロゲンレベルの上昇の原因と影響

訪問者のほとんどの美容キャビネットは、男性の性ホルモンを多く含む女性です。まず第一に、皮脂腺の機能が乱されています。すでに10代の女の子は、にきびの深刻な形に苦しみ始めます。 30歳を過ぎた女性では、顔の毛が成長し始めます。多くの人は、不要な髪を機械的に除去することを間違えています。しかし、それは女性のための抗アンドロゲン薬を服用する必要があります。ほとんどの場合、髪の毛は上唇の上に表示されます。それほど一般的ではありませんが、あご、太もも、背中、腹部に見られます。

女性のための抗アンドロゲン薬はすることができます副腎の正常な機能に違反して任命された。さらに、患者さんは甲状腺腫や卵巣肥大を起こすことがあります。治療は包括的であるべきであり、そして医師の監督の下でのみ行われ得る。

 ハーブ系抗アンドロゲン剤
男性の性的特徴の発達の原因は女性の血中の高テストステロンであること。多くの場合、この状態は内性器の深刻な病状の場合に発生します。女性のための抗アンドロゲン薬が望ましい結果を与えない場合があります。治療には手術が必要です。

植物の抗アンドロゲン剤はどのように作用しますか?

それが推進される理由は関係ありません女性の体の中のアンドロゲンの量、ほとんどの場合、特別な抑制薬が使われています。薬は単独でまたは複雑な治療法の一部として摂取することができます。薬は男性ホルモンの産生を抑制し、また内臓に影響を与えないようにします。

すべての合成またはハーブ抗アンドロゲン薬ステロイドと非ステロイドに分けられます。後者は脳の下垂体に作用することによって男性ホルモンを減らすのを助けます。したがって、そのような薬の摂取は専門家の監督の下でのみ行われるべきです。突然治療を中止することはお勧めできません。抗アンドロゲン薬の投与量は、医師が前向きな傾向を見たときにのみ徐々に減少します。下記は抗アンドロゲン作用を持つ今日最も人気のある薬を紹介します。

"アンドロクル"

人気のある抗アンドロゲン薬錠剤および注射用粉末の形態で。主な有効成分は酢酸シプロテロンです。さらに、薬物の組成は、コーンスターチ、コロイド状二酸化ケイ素、ラクトース一水和物、およびステアリン酸マグネシウムを含む。最も一般的に処方される薬はピルの形です。男性ホルモンの増加が深刻なニキビや脂漏症、女性の脱毛などの症状を引き起こす場合には、この薬は適しています。そのような場合の治療(抗アンドロゲン)は非常に慎重に選択されます。結局のところ、これらの薬は多くの禁忌があります。

 女性のための抗アンドロゲン薬レビュー
Androkurも例外ではありません。 この薬は、前立腺に腫瘍が出現しただけでなく、性行動に関連した病理学的異常もある男性に処方することもできます。注射やピルの助けを借りて "Androkur"は大幅に性欲を減らすことができます。自分で薬を飲まないでください。

抗アンドロゲン薬と薬の選択説明と指示を最初に検討する必要があります。禁忌には特に注意が必要です。薬 "Androkur"は肝疾患には禁忌です。この領域に以前に腫瘍があったが、除去された場合、投薬は慎重に行われるべきです。 Androkur錠は、黄疸、ローター症候群、糖尿病、慢性アルコール依存症の患者には処方されていません。授乳中の女性や妊娠中の女性にこのツールを使用することは固く禁じられています。

薬を使用しながら可逆的な副作用がしばしば観察されます。彼らは気分、うつ病、涙、疲労感と無関心の突然の変化の形で現れます。そのような症状の出現で、薬は続けられています。しかし、有効成分に対する感受性が高まった場合は、「Androkur」という薬を中止する必要があります。

"ビザンナ"

薬はグループに属しています非ステロイド性で抗腫瘍作用があります。薬は錠剤の形で利用可能です。主な有効成分はビカルタミドです。さらに、薬物の組成は、ポテトスターチ、ラクトース、コロイド状二酸化ケイ素、およびステアリン酸マグネシウムを含む。この薬は、子宮内膜症や女性の泌尿生殖器系の障害の治療に最もよく使われます。その薬には禁忌がたくさんあります。したがって、それは厳密に専門家の監督の下でとられるべきです。

アンドロゲンと抗アンドロゲン

タブレット "Byzanna"と一緒に処方しないでください出血、肝臓への重度の損傷、ホルモン性の悪性腫瘍。禁忌は、ラクトース欠乏症、糖尿病、そして慢性的なアルコール依存症です。アンドロゲンと抗アンドロゲンは妊娠中に摂取されません。このグループからの薬物を未成年の患者にも処方しないでください。

治療に非常に良い結果が出ました正しい投与量を尊重することが重要です。錠剤は1日1回服用します。受付は毎日同時に行われることが望ましい。いかなる場合も、治療の過程が中断されるべきではありません。ほとんどの場合、Vizannaタブレットは少なくとも6ヶ月間処方されています。治療を継続するという決定は医者によってのみ行うことができます。

"マーベロン"

を指す経口避妊薬抗アンドロゲン薬のグループ。主な有効成分はデソゲストレルです。さらに、薬物の組成は、ラクトース一水和物、ポテトスターチ、コロイド状二酸化ケイ素、およびステアリン酸を含む。ほとんどの場合、Marvelonタブレットは不要な妊娠から保護するために使用されます。多くの場合、抗アンドロゲン避妊薬避妊薬は、顔の毛の量の増加やニキビのひどい形などの美容上の問題を解決するためにも使用できます。この場合、Marvelon錠は複合療法にのみ含まれています。

女性におけるアンドロゲン依存性皮膚症候群
薬は多くの禁忌があります。 したがって、医師の許可なしに服用しないでください。この薬は、糖尿病、膵炎、重篤な肝疾患、偏頭痛、血栓性静脈炎、乳糖欠乏症の少女や女性には効果がありません。その薬は避妊薬です。したがって、妊娠中の女性に服用することは不適切です。注意してくださいピル "Marvelon" 35歳以上の女性だけでなく、喫煙者。重度および中等度の肥満の女の子は、医師の監督下でのみ薬を服用できます。

ピルは28日間設計されています月経周期。 7日目から、女の子は3週間毎日1錠を服用する必要があります。次は7日間の休憩です。この間、月経出血は治ります。

"ジャニーン"

別の人気のある避妊薬抗アンドロゲン作用。他の多くの植物の抗アンドロゲン剤と同様に、Janineは丸薬の形で利用できます。薬はDienogestに基づいています。さらに、ラクトース一水和物、ゼラチン、ステアリン酸マグネシウム、およびポテトスターチが使用される。糖衣錠 "Janine"は、主に不要な妊娠に対する保護として使用されます。さらに、このツールは、男性の性ホルモンの血中濃度の上昇によって引き起こされる顔の皮膚の問題を解決するのに役立ちます。月経不順が発生した場合は、薬も処方されることがあります。

抗アンドロゲン薬に注意する必要があります薬女性における現代のにきび治療は、専門家の監督の下でのみ行われます。これは、抗アンドロゲン作用を伴う避妊薬には多くの禁忌があるという事実によるものです。第一は、血栓症、糖尿病、重篤な肝疾患、原因不明の膣出血の存在です。妊娠中や授乳中の丸薬 "Janine"を処方しないでください。成分は胎児の重度の発達障害を引き起こす可能性があります。婦人科医が女性に薬を処方する前に、彼は彼女に妊娠検査を受けるように頼みます。

抗アンドロゲン薬と薬
薬の処方は薬のそれと同じです。"マーベロン"。アプリケーションの目的が避妊であるならば、丸薬はパスなしで取られるべきです。それは薬を忘れるために一日だけのためであり、そして望ましい効果は提供されません。

「ゆるい」

成功する経口避妊薬女性のアンドロゲン依存性皮膚症候群を抑制します。主な有効成分はゲストデンです。薬は錠剤や錠剤の形で入手可能です。このツールは避妊だけではありません。それは首尾よく女性の体の男性ホルモンのレベルの増加の症状を排除します。最大の錠剤は、にきびや月経障害を治療するために処方されています。

薬の使用に対する禁忌薬は血栓性静脈炎、糖尿病、膣出血の原因不明の神経性片頭痛、肝不全です。妊娠中や授乳中の女性だけでなく、15歳未満の子供に「最高の」薬を処方しないでください。ごくまれに、閉経期に入った患者に治療が処方されることがあります。

抗アンドロゲン避妊薬避妊薬
錠剤や丸薬月経周期。月経出血が始まるときだけ休憩が作られます。優れた避妊薬は女性のための抗アンドロゲン薬です。レビューは、同様の効果を持つ製品が、望まない妊娠から完全に保護し、多くの美容上の問題を防ぐことを示しています。

「スピロノラクトン」

この抗アンドロゲン薬はほとんどの場合にきびの治療に使用されます。有効成分は、皮脂腺を制御する利尿薬です。薬は錠剤の形で利用可能です。四肢の激しい腫脹が生じた場合は、妊娠後半にも適用できます。薬 "Spinoracton"は、月経障害の女性だけでなく多嚢胞性卵巣にも見られます。

処方薬はできません糖尿病、腎臓および肝臓の機能不全を有する「スピノロナクトン」女性。投薬は妊娠の最初の学期にも禁忌です。血栓性静脈炎、および慢性アルコール依存症の患者には注意が必要です。いずれにせよ、治療は医師の監督の下で行われるべきです。投与量を観察することは非常に重要です。治療は2〜3週間続けることができます。あなたは1日3回1錠を服用しなければなりません。投与量と治療期間を正しくすることは医師にしかなれません。

女性のための抗アンドロゲン薬。レビューと価格

薬は抗アンドロゲン効果は通常高い値段を持っています、それらのレビューは最も肯定的にしか聞こえません。特に、にきびの深刻な形で女の子から良い言葉がたくさん聞こえます。ほんの数回のコースで、炎症過程を止め、皮脂腺を正常化することができます。これらの目的のために最も頻繁に女性のための避妊抗アンドロゲン薬を使用されています。それらの価格は700から2000ルーブルの範囲です。コストはそれほど小さくはありません。しかし、前向きなレビューは彼ら自身のために話しています。

決して彼女や親戚の前向きな経験だけに基づいて抗アンドロゲン薬を選ぶべきではありません。どんな薬でも医者だけによって処方することができます。

気に入った点 -
0
女性のための最高の避妊薬
薬「クリマクトプラン」。女性のレビュー、
脂肪バーナー:あなたは体重を減らすのに役立つでしょうか?
Ovarium Compositum:レビューと説明
女性のためのドラッグ "Duovit":レビュー、
サプリメント "Imedin"。レビュー。説明
どのようなビタミンが最高です:意見
私は女性のための脂肪バーナーを使用することができます:
"Complivit" - レビューに値する?
トップポスト
アップ