肺と気管支の気管支鏡検査がどのようになされるか:レビュー。気管支鏡検査を行うのは痛いですか?

気管支鏡検査はどのように行われますか?知っていることはほとんどありませんが、この言葉は素晴らしいと思います。そして無駄ではない。結局のところ、これは特定のリスクを伴う非常に複雑な手順です。すべての適切な予防措置を守って滅菌手術室で実施してください。

気管支鏡検査はどうですか?

肺の気管支鏡検査

この手順を経た患者からのフィードバックは、気管支鏡の気管支鏡検査がどのように行われているか、気をつけてください。最も重要なことは、まったく傷つけることはなく、長くは持続しないことであり、適切な行動を取っても何の悪影響も及ぼしません。

巨大な診断と治療のオプション手術中に患者の不快な感覚を補う以上のものを備えた気管支鏡。それでも、診断と医療気管支鏡検査とは何ですか?これらの各手順はどのように行われますか?

現時点で気管支鏡検査が最も有効である肺、気管支、気管の内腔の特定の医療措置を検査し、実施するための視覚的方法。内部に光学的な気管支鏡が導入された後、モニター上の医師は完全な画像を観察し、正確な診断を行うことができます。

診断に加えて、治療薬気管支鏡検査。元の患者からのフィードバックは、この処置の治療特性が非常に有効であるという直接的な証拠である:気管支からの異物および病理学的物質の迅速な除去、必要な投薬の導入。

気管支鏡検査の種類

気管支鏡の気管支鏡検査がどのように行われたか

気管支鏡検査はどのように難しく、それは何ですか?フレキシブルとは異なりますか?剛性(剛性)気管支鏡は、一方の側が懐中電灯とカメラ、もう一方がマニピュレータである中空で硬いチューブのシステムです。気管支や気道の異物を検出したり、呼吸器官の出血を止めるためには、硬性気管支鏡を用いた手術が必要です。

麻酔下で硬い気管支鏡検査を行う。全身麻酔であるため、患者は不快感を経験せず、動かず、医師が集中するのを妨げない。

硬い気管支鏡は、しばしば、救急車の医師によって使用されるケアおよび蘇生チームは、救急処置(例えば、溺死した人)の提供を行う。これは、肺から流体を除去するための迅速かつ効果的な方法です。診断プロセス中に様々な病態が検出されると、硬直気管支鏡により、医師は即座にそれらを排除することができます。柔軟な気管支鏡検査では、そのような可能性はなく、医者は患者の気道に装置を再導入しなければならない。

気管支鏡検査

ハードタイプへの直接の指示がない場合気管支鏡検査医は、弾性線維鉗子を使用しようとしています。この場合、最も頻繁には十分な局所麻酔が必要です。これは、LED、ビデオカメラの一端と他端のコントロールレバーを備えた光ケーブルからの滑らかなチューブです。

柔軟なタイプの気管支鏡検査が考慮されるが主に診断では、必要に応じて線維鉗子内の特殊なカテーテルが気管支から液体を取り除くか、薬を与えます。それは容易にそして粘膜の最小限の外傷で呼吸器官の最も遠い部分に浸透する。

麻酔:一般またはローカルですか?

全身麻酔は、患者の精神(幼年期、不安定な精神状態、ショック状態およびストレス状態)に応じて柔軟な気管支鏡検査で処方することができる。

局所麻酔は、リドカイン溶液をスプレーの形で投与すると、まず鼻腔、鼻咽頭、次に装置が動くにつれて喉頭、気管および気管支に灌水される。リドカインは痛みを和らげるだけでなく、嘔吐や咳の反射を抑制します。高齢で、または患者が重度の心血管疾患を有する場合、局所麻酔のみが推奨される。

気管支鏡応用の条件

診断気管支鏡検査は、以下の場合に必要です。

  • 結核と;
  • 5年間からの喫煙経験。
  • 肺癌の疑い。
  • 肺の無気肺;
  • 出血;
  • 呼吸器系の閉塞;
  • 原因不明の長期間の咳;
  • 病理学、放射線画像(炎症、節、圧密)で明らかになった。

肺の気管支鏡検査はどのように行うのですか?

さらに、治療的気管支鏡法が規定されている:

  • 呼吸器系から異物を抽出する。
  • 気道を閉塞する新生物の除去;
  • 腫瘍によって閉塞されたときの気道へのステント留置。

肺の応答の気管支鏡検査

研究のための患者の準備

気管支鏡検査とは何ですか?原則として、患者は、手順の必然性を認識し、気管支鏡検査がどのように行われたかについてのあらゆる種類の文献を読むだけで、これについて学ぶ。この手順の肯定的な効果は、医師の資格と責任あるアプローチと患者の慎重な準備によって決まります。

最初にいくつかのテストに合格する必要があります検査(患者の病気と研究の目的に応じて、血液、尿、機能的肺検査、胸部X線、心臓心電図などの一般的および生化学的分析)に合格する。医師は、患者との会話をし、気管支鏡検査がどこで行われたか、検査がどのように行われるか、事前に道徳的に準備されるべきことを教えてくれるでしょう。

さらに、アンケートに記入するように指示します。アンケートには、

  • 利用可能な心臓病;
  • 血液凝固能の問題;
  • 自己免疫疾患;
  • アレルギー反応が可能な製剤;
  • 服用された薬;
  • 慢性および急性疾患;
  • 妊娠の状態や気管支鏡検査の経過に影響を与える可能性のある身体の他の特性。

計画された検査では、患者は許可されません飲食物、アルコール、喫煙は少なくとも8時間は取る。人の胃は空でなければなりません。下剤を前もって服用したり、清潔な浣腸をすることは許容されます。

気管支喘息の患者は、運転中の吸入器で。多くの患者が経験しており、研究前には非常に神経質です。この場合、軽度の鎮静剤を使用することをお勧めします。手術中は静かでリラックスしていたので、医師は研究の有効性が左右される滑らかできわめて正確な動きをすることが難しいでしょう、患者の非常に重要な感情状態です。

気管支鏡検査を行うのは痛いですか?

期待とは異なり、気管支鏡検査は無痛である。チューブに挿入すると、喉の塊、鼻のうっ血、口蓋のしびれ、嚥下困難が感じられます。チューブの直径が非常に小さいので、患者の呼吸は困難ではない。

気管支鏡検査が行われる場所

処置の後

患者は完全に回復し、処置を終えてから2〜3時間早く、病院の建物を離れ、食物、水を服用してください。喫煙とアルコール摂取は最初の2日間は望ましくありません。鎮静剤が摂取された場合、この日、人の注意、スピード、反応を鈍らせるので、車を運転して運転しないほうがよいでしょう。

禁忌

他の医療処置と同様、気管支鏡検査にはいくつかの禁忌があります。

1.緊急で他の方法で診断する可能性がない場合は、相対的:

  • 妊娠(第2および第3期);
  • 進行した真性糖尿病;
  • 拡大甲状腺;
  • アルコール依存症;
  • 気管支喘息。

健康への不可逆的な害が起こる可能性がある場合、絶対的。

  • (心筋梗塞、大動脈瘤、心臓病、心臓の律動障害、高血圧)の代償不全の段階。
  • 呼吸不全または気管支系の閉塞性;
  • 脳または肺の血管の血栓症;
  • 患者の精神神経疾患(てんかん、統合失調症);
  • 様々な起源の腹腔内の痛み。

気管支鏡検査を行うのは痛いですか?

考えられる合併症

気管支鏡検査の手順は十分です不快な感覚から適切に実行されれば、わずかな喉の痛みしかありません。しかし、事故から、誰も免疫がなく、その過程で合併症が現れることがあります:

  1. 機械的損傷、さらには肺、気管支および気管の穿刺は出血の原因となり得る。
  2. 手続きの前に必ずアレルギー試験が行われ、この患者に対して、少量の麻酔薬が投与される。しかし、時にはサンプルが正常に通過し、アレルギーが、投与中に、投与中に既に現れていることがあります。可能な喉頭浮腫およびアナフィラキシーショック。
  3. 各患者の喉頭は個々であり、時には解剖学的特徴のために気管支鏡が声帯を損傷する可能性がある。
  4. 処置後に医師の推奨事項に従わない場合、健康と出血が著しく悪化する可能性があります。

そのため、考えられるすべての適応症を研究し、禁忌とリスクがある場合、一般開業医または呼吸器専門医は気管支鏡検査の妥当性を判断し、患者と話し合い、書面による同意を得て、処置の日時を設定します。

気に入った点 -
0
子供の気管支炎
肺のCTスキャン - 現代の診断
肺がんの徴候
喘息性気管支炎はどのように発症しますか?
気腫の症状とその病因
肺の肺気腫
肺の構造
どのように開発し、どのようにralesを治すために
調製物「臭化イプラトロピウム」は、
トップポスト
アップ