新生児用ビフィズス菌

新生児用ビフィズス菌ロシアと海外の両方で広く使われているロシアの薬です。この薬物は、プロバイオティクスのグループに属する。生きたビフィズス菌が大量に含まれています。新生児用のビフィズス菌は、生後1日から小児で使用できる別個の剤形である。標準のビフィズス菌は、3歳からの子供にのみ使用できますが、

子供たちが必要とする兆候があります人生の最初の日から、プロバイオティクスの任命。胃腸管は、の不均衡を伴うまだ完全には形成されず、酵素腸のシステムがまだ完全に作業に参加していない、または病原性妊娠、出産、および授乳中の母親の生物の細菌叢、または分娩の疾患の存在下で、例えば、早産、子供の生物。

このすべてが、いわゆるdysbiosis子供が便秘または下痢、腹部膨満感、おなかの痛み、および子供の不安および睡眠不足の結果として腸内に存在する。その結果、新生児は体重増加を起こさず、心身の発達に遅れをとる。

微生物(コロニーB.ビフィダムス)は、赤ちゃんの腸に安全にコロニーをつけ、栄養素、ビタミン、カルシウム塩、アミノ酸の正常な吸収を促進します。また、コロニー形成されたコロニーは、腸の蠕動を改善し、腐敗菌および発酵菌の発生を防止する。

プロバイオティクスを処方した結果、子供静かになり、よく眠り、積極的に食べ、体重を拾います。彼は疝痛によって邪魔されないので、彼は周りの世界を知って活発な人生を送ることができます。

新生児用ビフィズス菌はいくつかの投与形態を有する:

- バイアル中(乾燥粉末)

- ビフィドバクテリン坐剤(直腸坐剤)

異なる剤形を組み合わせることが最善である治療の有効性についてコースは通常1〜3週間です。この場合、子供は昼間に散剤で服用されます:彼はミルクで離婚され、主食の30分前に1日2回与えられ、夜はキャンドルが直腸に(直腸内に)適用されます。この併用療法により、あなたの赤ちゃんを迅速かつ効果的に救うことができます。

医師のビフィドバクテリンレビュー。

小児科医はこれに非常に積極的です治療の効果は良好であり、新生児には実質的に禁忌がないことが長い間指摘されてきたので、彼らの練習では、この指示書で指定されている唯一の禁忌は、一次ミルク不耐性である。他のケースでは、子供は完全に薬物に耐え、すぐに体重を増やすようになります。

小児科医はまた、抗生物質療法の背景に対する薬剤の有効性に注目し、抗生物質の背景に対する不全症の治療の仕事を大いに促進する。

新生児の親も陽性ですビフィダムスバクティンの調製について話す。人生の最初の日で、子供が寝ていないと、彼らは体重が増えないと食べていない一方で、夜に心配させ、眠る両親を与えない場合は、プロバイオティクスの両親の任命後治療の正のダイナミクスの初日から文字通り報告しています。彼らは彼らの子供に満足している、と彼は気にしませんでしたし、彼は簡単に開発し、新たな、興味深い世界を学ぶことを想像する可能性があるため、子供は、幸せです。

従って、ビフィダンバクテリンの新生児は、小児の腸のdysbiosisの発症を治療および予防するための最も効果的な手段の1つです。そして、私はこの素晴らしい薬がロシアで生産され、外国の類似体より劣っていないことをうれしく思います。

気に入った点 -
0
「ビフィドバクテリウム・フォルテ」:説明書、
薬物「ビフィドバクテリウム」。指示
子供のための格安アナログ "ビフィドバクテリン"
ビフィズス菌
「ビフィドバクテリシン」を
子供のdysbiosisの予防:それは必要です
新生児の女の子を洗う方法は?
新生児のための繭 - 不可欠なもの
新生児のための携帯電話を選択してください
トップポスト
アップ