卵巣の黄色い体は何ですか?

人体は複雑なシステムですこれには多大な労力が必要です。特に困難なのは、生殖器系です。同時に、非常に多くの人々は、身体のどの部分がいかに正確に機能するかを完全に知らない。それで、多くの女性は、超音波検査の後、卵巣に黄色い体があると言われて、心配して慌てるようになると大変心配しています。

そして、彼らには、パニックは全くありません。これを理解するために、体の構造を理解する必要があります。卵巣の黄色い体は完全に正常です。この名前は、一時的な器官、より正確には内部分泌腺を有する。それは、破裂した卵胞に基づいて排卵の直後に形成される。ホルモンの影響下で卵胞の顆粒細胞は、ルテインに変換され、プロゲステロンを生成し始める。次に、このホルモンの体内に出現することで、妊娠の準備を開始するという命令が与えられます。子宮内膜の粘膜上層の弛緩と肥厚を刺激するのは彼です。これは、受精卵が子宮内膜に浸透するために必要なことです。

イベントのさらなる発展は、卵の受精が起こるかどうか、実際にはすべてが始まった。卵子の受精が起こらない場合、卵巣の黄色体は徐々にプロゲステロンの産生および萎縮を減少させる。プロゲステロンの濃度を下げると、月経の原因である子宮内膜が剥離する。

卵が受精して子宮の壁、卵巣の黄色の体は機能し続け、ホルモンを産生し、それは今度は妊娠を維持するのに必要な子宮内膜の状態を維持する。また、胎児の正常な発育に必要な他の卵の発達を阻止する。この場合、黄体は、既に形成された胎盤によってプロゲステロンが産生される妊娠4ヶ月目にのみ解消する。

このように、黄色い体が卵巣は毎月女性の体に形成され、毎月解決されます。これは完全に正常であり、心配するのは無意味です。しかし、非妊娠の場合、黄色の体は解消しないが、プロゲステロンを産生し続けるか、または妊娠の発症後に黄色の体が成長し続ける可能性がある。この場合、彼らは黄色い体の嚢胞を話す。

嚢胞黄色の体は、原則として、持っている通常のサイズよりも大きくなります。この場合、症状は妊娠と同じになります:月経の遅れ、腹部の感覚を引く、これはすべてホルモンの結果です。しかし、妊娠検査は陰性の結果をもたらす。しかし、ほとんどの場合、この状態は妊娠中でさえ危険ではない。

しかし、嚢胞は全く同じで問題があるかもしれませんが、それが大きすぎる場合。この場合、嚢胞は機械的作用の結果として破裂する可能性がある。例えば、ストロークまたは多くの物理的ストレスを伴う。そして、これは内出血、つまり女性の命に危険な状態です。

したがって、黄色の嚢胞を治療する必要がある体。通常、治療の困難は生じない。数ヵ月以内に女性は排卵抑制薬を服用し、その影響下で嚢胞自体が解決する。監視のために、超音波が日常的に行われる。極端な場合には、破裂により外科的介入が行われる。以前は、臍から恥骨までの縫い目で、空洞手術をする必要があった。今や彼らはより控えめな手術を行います - 腹腔鏡検査では、わずか3回の穿刺が行われ、カメラと器具が挿入されます。

私は、卵巣の黄色い体がすべての女性が毎月遭遇する正常な現象であることを再確認したいと思います。

気に入った点 -
0
プロゲステロン不全
黄色のボディー - それはなんですか?
卵巣嚢腫。禁忌。治療
卵巣嚢胞薬の治療:
プロゲステロン分析は、
黄色卵巣嚢腫:治療、
プロゲステロン不足の主な症状
床に黄色のドレスを着るには?
妊娠中の黄色い体は何ですか?
トップポスト
アップ