脚の爪真菌のための民間療法:効果的なレシピ

真菌は最も不快であり、世界の共通の病気です。彼は、年齢や人の社会的地位にかかわらず、いつでも出席することができます。菌に感染する方法はたくさんあります。基本的には、プール、浴場、サウナなど公共の場所で発生します。治療のために、民間療法 脚に真菌を爪。

真菌に対する軟膏
病気を解消するには十分な時間がかかるでしょう。 それはすべて、皮膚と爪の損傷の程度に依存します。フォークレシピだけでは入手できない場合もあり、抗真菌療法と組み合わせる必要があります。オルタナティブ・メディスンでは、足湯を浴びたり、自家製のローションや軟膏を塗布することを推奨しています。

患者に薬を服用する前に場所は、それがうまく起動に明確にする必要があり、タマネギジュースと果肉のように、彼の足に爪真菌のために、このような民間療法を使用することが可能です。一つ目は、真菌の影響を受けた皮膚を扱うことができ、第二には、足の指の間の領域に適用するために使用されます。プロポリスのアルコールチンキで痛みを拭いてください。真菌に対する優れたツールは、通常のヨウ素です。必要な部分を拭き取り、病気の爪の上に落とす必要があります。この手順は1ヶ月間毎日実施することが望ましく、午前と夕方にヨウ素を使用すべきである。

足の真菌からの軟膏
さらに、あなたはそのような人々に助言することができます脚に爪真菌を救済するために、カランコエの葉のように、罹患したプレートに適用されます。あなたは石膏でそれらを修正することができます。レモンジュースは、酵母菌を排除するのに役立ちます。複雑な治療では、コーヒーが大いに役立ちます。砂糖を使わずに飲み物を飲んで、しばらく足を持っていれば十分です。病気のニンニクにうまく対処。同時に、それは罹患した皮膚に適用することができ、また茶およびスープの形態で飲むことができる。

ニンニクからは、特別な真菌に対する軟膏。これを行うには、粉砕した製品をアルコール(90%以上)と水で希釈します。すべての成分は同じ量で取るべきです。この治療法は、抗生物質で病気を排除できない場合でも非常に効果的です。完全に回復するまで毎日損傷領域に注油してください。

爪の爪のための民間療法
ヘルプと真菌に対するそのような民俗救済脚には爪があり、ジュース、セランディーヌ、バーチなどがあります。彼らは完全に治癒するまで痛みの斑点を拭いてください。ほとんどの場合、約90日かかります。真菌の影響を受けた場所をライラックの花のアルコール注入で治療することも可能です。これを行うには、完成した原料の小さなスプーンと200mlの純アルコールまたはウォッカを混ぜる必要があります。混合物は暗所で約14日間注入する必要があります。

また、足の真菌からのそのような軟膏は、以下を助けることができる: ペパーミントの葉は、塩のピンチで粉砕され、混練されます。このツールを患部、特につま先の間に置いてください。ローションは約1時間老化しています。完全な回復まで手順を実行する必要があります。カモミール、マリーゴールド、バーベナ、畑のオオカミ、オーク樹皮などのハーブの煎じ薬から足湯を作ることもできます。

気に入った点 -
0
足の爪の不健全な菌類:治療
足の真菌。民間療法による治療
爪真菌治療民間療法
脚の真菌の爪:治療の方法
爪真菌からの滴は何ですか?
脚の大きな骨:民間療法
足または足に爪真菌を治療するよりも:レシピ
爪の真菌。民間療法が役立つ
軟膏は足の爪の真菌から有効ですか?
トップポスト
アップ