アステリスクの血管:種、外観の原因および処分の方法

アスタリスク血管、薬の名前毛細血管拡張症は、皮膚の上層の拡張血管の外見である。彼らは顔に、特に鼻の翼や脚に現れることがあります。ほとんどの場合、女性はすでにそのような問題を抱えています。それ自体、血管のアスタリスクの出現は、健康に有害な疾病の危険性があるという証拠ではありません。しかし、あなたはそのような兆候があなたの外見を飾るとは言えないことに同意する必要があります。そのため、毛細血管拡張症に直面している人々は、可能な限り、この美容上の欠陥を取り除こうとします。

アスタリスク血管
アスタリスクはどのように血管に見えるのですか?

遠位血管拡張症は、静脈、毛細血管または動脈。そして、外部の症状に応じて、それらは点、木、線形、クモ形に分けられます。この分類にもかかわらず、すべてのタイプの血管アスタリスクの治療法は同じです。線状毛細血管拡張症はしばしば鼻、頬(赤い色)および脚(赤または青)に現れる。小惑星の血管のクモ形類は、中枢動脈から異なる方向に発散する多数の毛細血管からなる。彼らは赤い色をしがちです。樹状様毛細血管拡張症は青色または赤色であり、主に下肢に現れる。一般に、脚には、異なる種類の血管アスタリスクの組み合わせが存在し得る。大腿の内面には、しばしば平行線状の毛細血管拡張症があり、外側には樹木の周囲に沿って位置しています。

脚の軟膏の血管アスタリスク
アステリスク血管:外見の原因

すでに述べたように、この現象はより大きい女性にとって典型的ですが、慢性静脈不全の男性でも起こります。女性は、内分泌系、婦人科系の異常、中絶、および閉経の結果として起こる、体内のホルモン障害に起因する毛細血管拡張症を発症する。この時点ではエストロゲン濃度が高いため、妊娠中に血管のアスタリスクが現れることがあります。しかし、出産後(1〜1.5ヶ月後)、彼らは痕跡なしで消える。また、経口避妊薬をとると毛細血管拡張症を引き起こすことがあります。

血管アスタリスクの出現
治療

脚の血管アスタリスクを治すために軟膏、クリームなどの使用に似ていますが、確かに可能ですが、達成するための安定した効果はほとんど出ません。欠陥は以下のような方法で処分されるべきである:

  • 電気凝固、焼灼からなる毛細血管拡張は細い電極の高周波電流によって供給される。この方法の欠点は、拡張された血管だけでなく周囲の健康な組織にも熱的損傷があり、これにより瘢痕化および脱色および色素沈着の領域が形成されることである。
  • 圧縮性眼瞼炎(硬化療法)。この技術は、特殊な薬物を内腔に導入することによって血管壁を接着することからなる。その結果、血管の内腔が閉鎖され、血流から排除される。
  • レーザー光凝固、光のレーザービームの助けを借りて血管の内腔の密封を意味します。
  • オゾン治療は、高いオゾン含有量を有​​する特別な混合物の血管内注射を実施することによって毛細血管拡張症の除去を行う。
  • </ ul </ p>
気に入った点 -
0
血管アスタリスクのレーザー除去
脚のアスタリスク予防。治療
心血管疾患 - 惨劇XXI
静脈瘤の原因は何ですか?
血管外科医は血管外科医である。何
鼻にポリープがあった:原因と方法
サイクルの真中のDaub:出現の理由
赤い鼻
下肢の静脈の硬化療法。
トップポスト
アップ