インスリン依存性真性糖尿病とは何ですか?

インスリン依存性糖尿病専門家は、グルコースがエネルギー源として使用されないため、体内で重大なホルモン変化が起こる疾患である。このような状況は、インスリンと呼ばれるホルモンが必要量で産生されないために起こります。そのため、身体はその行動に対して習慣的な感受性を失いました。

インスリン依存性真性糖尿病
原因

専門家によると、インスリン依存性真性糖尿病は、インスリン産生の直接的な原因となる膵臓自体の細胞の破壊によるものである。原則として、この病気は40歳までの年齢で診断されます。血漿中では、ホルモンのレベルは徐々に低下し、逆にグルカゴンの量は増加する。この数字を減らすことは、インスリンを介してのみ可能です。

症状

このような診断では、インスリン依存性糖尿病は、患者が深刻同時に一定の渇き、口渇、食欲増加、体重減少を訴えます。また、多くの場合、そこに増加している神経過敏、不眠は、ふくらはぎの筋肉や心臓に障害、痛みを減少させました。

インスリン依存性真性糖尿病1型
疾患発症の主要段階

現時点では、専門家はインスリン依存性糖尿病のような疾患の発症と発症の次の段階を特定しています。

  1. 遺伝的素因。
  2. 負の環境要因の影響(非常にしばしば、彼らはその病気の発症の原因です)。
  3. 膵臓自体の炎症過程。
  4. β細胞が異物として非常に免疫系に認識されている、すなわち、緩やかな破壊があります。
  5. β細胞は完全に破壊される。診断されたインスリン依存性1型糖尿病。

治療

インスリン依存性真性糖尿病
まず、例外なくすべての患者医師は特別な食事を処方する。その主な原則は、カロリーの毎日のカウントと脂肪、炭水化物とタンパク質の必要な割合の遵守で構成されています。さらに、絶対にすべての患者はインスリンそれ自体をほとんど常に必要とする。原則として、「経験がある」患者は、体内への導入にかなり独立して対処する。操作は非常に簡単です。当初、血糖値を常に監視する必要があります。これらの目的のために、ほぼすべての薬局で特別な装置を購入することができます。次に、患者は、血液中のグルコース濃度に基づいて、必要なインスリン量を選択する。かなり簡単な方法で、彼らは正常(推奨)糖レベルを維持することができます。

結論

この記事では、インスリン依存性真性糖尿病。この場合の障害は、もちろん、すべての患者に例外なく提供される。しかし、心理学者は心を失うことはなく、この不快な苦しみにもかかわらず、自分の健康のために戦うことを勧めます。

気に入った点 -
0
Siofor 850 - 説明
ステロイド糖尿病:原因、症状、治療
糖尿病1および2型:治療と治療の違い
1型糖尿病。症状
病気は文章ではありません!真性糖尿病、
妊娠糖尿病:原因、症状、
血中の砂糖の基準は何ですか?なぜですか?
砂糖を減らす方法のヒント
食事によると、ルール:パンユニットで
トップポスト
アップ