婦人科塗抹標本:分析の解釈

膣微生物は膣内細菌叢である女性の健康が依存する生物。それを研究するには、婦人科塗抹標本を採取し、その解読において、通常は乳酸菌が膣の微生物叢において病原性よりも優勢であるべきである。

準備活動

分析に合格する前に、次の準備が必要です。

  • 研究の14日前に、抗生物質を服用しないでください。
  • 避妊薬、抗菌薬、抗菌薬を膣内に投与しないでください。
  • 性的親密さに入らないように2日間
  • 医者に入浴しないようにする前日。
  • 寝ないでください。
  • 性器の衛生的な処置を行うための医者への訪問の前に;
  • 処置の3時間前に、膀胱を空にしないでください。
  • 月経中に検査を受けないでください。

永久的な医学的治療の場合には、女性が自分の医者に話すと、彼女は必要なものの薬物報告する必要があります。

一般的な婦人科記録を塗る
これらの単純なルールに従わないと歪んでしまいます結果は病理診断にも影響を与えます。すべての女性は、半年ごと細菌学的検査に合格することが望ましいです。

生物材料の収集

研究と解読を行うために、婦人科塗抹標本は尿道、頚管および膣壁から採取される。微生物叢を探索し、純度を決定します。

材料を取る手順は、スパチュラまたは特殊なブレードを使用して実行され、以下の場合に実行されます。

  • 予防検査;
  • 予防的な健康診断;
  • 女性の愁訴:性器の灼熱感やかゆみ、恥骨の近くの痛み、排泄。

婦人科塗抹標本を白血球を解読する
一般的な婦人科塗抹標本を取るために(転写物は以下に示す)、女性の膣に婦人用鏡を挿入し、これを介して子宮頸部および膣壁を見ることができる。性的関係を持たない女児や女性(処女)では、年齢区分にかかわらず、このツールは使用されません。

婦人科塗抹標本:転写物。規範

女性の尿生殖器系では、約40種類の微生物があり、その大部分は乳酸桿菌である。健康な女性は、通常、乳酸菌を95%まで測定します。乳酸は膣内の酸性環境を維持し、病原体を迅速に抑制する。

婦人科の転写を塗る
植物のもう一つの部分は、クレブシエラ、腸コリネバクテリア、ブドウ球菌、ガーデニルレル、ミコクシス、ペプトストレプトコッカス、真正細菌およびその他が含まれる。最低数のカンジダ菌の存在も許容される。

異常の原因

場合によっては、免疫力が低下する(更年期、妊娠または他のホルモン障害、ストレスの多い状況)、この場合、医師は一般的な植物相について婦人科塗抹標本を処方することができる。デコードすると、細菌の量的構成がどのように変化したかが示されます。正常な微生物叢が減少し、結果として、日和見微生物の増加により生殖器感染症に対する感受性が増加する:連鎖球菌、大腸菌、ブドウ球菌。免疫系が弱いため、病原菌は非常に速く増殖し、ミルク微生物を積極的に抑制します。その結果、病理が発達します:病原菌症、カンジダ症または膣ジストーシスは、

  • 付属器および子宮の炎症;
  • 子宮外妊娠;
  • 早産児の誕生;
  • 流産
  • 不妊症

分析の目的は何か

婦人科の研究と解読ストロークを使用すると、女性の性行為の様々な病気をタイムリーに診断し、微生物の質的および量的組成、膣の上皮組織の状態、炎症過程の存在などの微生物汚染を評価することができます。

婦人科塗抹標本の解読度
このタイプの研究は、細菌性膣炎の検出のためのゴールドスタンダードと呼ばれています。

膣の不全症:主な原因

婦人科塗抹標本が採取され、その解釈がdysbiosisの存在を示した場合、その理由は次のようなものである:

  • ホルモン不均衡(少量のエストロゲン);
  • 代謝障害;
  • 広範囲の作用の抗菌剤の長期使用;
  • 性器の個人衛生の規則を守ることが不正確である。

分析結果

医療機関の研究所では、婦人科塗抹標本を検査する。説明:

  • 白血球。 5内の膣へ - - 子宮頸規範について尿道のための最大30個のセルの視野内に存在することである生殖器官を保護するために、白血球のこれ以上10以下、少量、そして彼らの成長は、炎症の存在を示している:尿道、膣炎、子宮頸管炎を。炎症白血球の急性期の場合、視野内の100個の以上のセルを数えます。
  • 粘液。 この指標は正常であり、尿道に尿道がない場合、膣内に少量の粘液が許容される。月経中は、子宮頸部で認められます。尿道で粘液が検出されると、炎症が疑われる
  • 上皮細胞は、通常は上皮細胞であるべきである膣内では、扁平上皮であり、子宮頸部のチャネルでは、上皮の円筒状細胞である。あなたが婦人科塗抹標本を採取し、デコードした場合、それは正常値を上回る上皮の存在を示した。これは、性器における急性または慢性の炎症過程を示す。
  • 微生物。 膣は通常存在する:閉経期の女性および思春期に達していない少女の腸球菌(cocci flora)乳酸菌 - 生殖年齢の女性。子宮の子宮頸部において、細菌は膣よりも実質的に少ないはずである。尿道の微生物叢は存在しないはずです。病原性または病的に病原性の細菌叢がある場合、膣または炎症の異常症が診断される。
  • トリコモナス(Trichomonas)、淋菌(Gonococcus)、重要な細胞であり、その検出には以下の疾患が含まれる:トリコモナス症、淋病、ガルデナーレズ。ノーマルではないはずです。
  • 真菌カンジダ。彼らは菌糸体と胞子を明らかにする。 後者は、このタイプの真菌の運搬を想定し、実際に健康な女性に存在する可能性がある。菌糸体の出現は、活動期にある女性がカンジダ症または突発病によって引き起こされる感染性プロセスを有することを意味する。

婦人科塗抹標本の清潔度:転写物

婦人科塗抹標本の純度によれば、それらのうちの4つだけがあるので、女性の体内における炎症過程の存在が決定される:

  • 最初のもの。 この程度の純度は、実質的に健康な女性(生殖器官の慢性および急性の炎症性疾患はない)および性交を持たない女性の2つのカテゴリーで生じる。指標:乳酸菌は膣の酸性pHで十分であり、白血球は0〜5である。
  • 2番目の。 治療は、純度のこの程度のために示されていません。炎症プロセスの開発を防ぐために免疫状態を改善するための予防措置を推奨。指標:(正常および病原性微生物として存在する)播種混合腟の微生物叢、膣の酸性pH、白血球五から十及びフラット粘液上皮組織適量。
  • 3番目は性器のそれです女性には炎症過程があり、直ちに治療が必要です。指標:乳酸菌は事実上存在せず、毒性のある微生物叢や上皮細胞が増加し、膣のわずかに酸性またはアルカリ性のpHになります。
  • 4度は高いレベルの危険です。 研究室の研究の結果に基づいて、医師は、女性の性器の腫瘍疾患を含む危険なものを排除するための追加の検査を処方する。指標:乳酸菌は播種されず、膣のアルカリ性pH、微生物叢は完全に病原性であり、白血球は巨大である。

フローラ婦人科塗抹標本
婦人科塗抹標本およびその微生物叢に対するその解釈は、疾患の早期診断、適時治療を可能にし、慢性プロセスの発生を防止する。

妊娠中の植物相

妊娠中の女性のこの分析は、妊娠中の膣の純度を制御するために、女性の相談に登録され、30週間および38週間で行われます。

婦人科塗抹転写
子供を育てる女性をお勧めします赤ちゃんの将来の健康を守り、期待される妊娠前に婦人科塗抹標本を植物に渡します。説明:通常、全細菌の95%が乳酸桿菌であり、5%が酸性環境で増殖しない条件付病原性細菌叢です。特定の条件下で、pHがアルカリ性環境に移行すると、病原性細菌が積極的に広がり始める。微生物叢の変化の原因の1つは妊娠です。

ベビーベアリングの期間中女性にはもう一つのホルモンの背景があります。ホルモンプロゲステロンとエストロゲンの生産が増加している - 最小量。このような体の再建のおかげで、妊娠中の胎児を感染から保護するために、Dodderleinスティック(乳酸菌)の数が約10倍に増加します。

したがって、計画する前に非常に重要です妊娠中に必要な検査室検査を受け、膣の純度を含む婦人科塗抹標本の分析記録を取得する。さもなければ、日和見植物は活性化を促進し、様々な病気を引き起こすであろう。いくつかの病気:細菌性の膣炎、淋病、トリコモナス症 - 膣の壁を緩めて弱め、赤ちゃんの誕生の間に隙間があるかもしれません。

スミアの細胞形態分析

このタイプの研究は、この叢に婦人科塗抹標本を投与した。結果の解釈(ノルムまたは病理)は、正確な診断の策定に役立ちます。この分析、子宮頸部の腫瘍学または異形成の助けを借りて、パピローマウイルス感染が検出される。

植物叢に関する婦人科塗抹標本
非定型細胞のための生体適合材料は、その膣部分である尿道および子宮頸部から採取される。スミアにはいくつかの種類があります:

  • タイプ1は、子宮頸部の状態が正常であることを意味する。
  • タイプ2は、炎症過程の存在または容易な程度の異形成である。この場合、医師は抗炎症薬を処方し、治療の全過程の後に、細胞学のための反復分析を行う。
  • 3型は重度または中等度の異形成である。 この結果が得られれば、子宮頸部組織の生検とそれらの細胞形態学的検査であるコルポスコピーの追加検査が命名され、その上皮組織損傷の病巣、局在および性状が明らかになる。
  • タイプ4は、前癌状態として特徴付けられる。第3のタイプと同様に、オンコギゴロジストの新しい検査と相談が推奨されます。
  • タイプ5は腫瘍学的疾患である。すべての試験と治療は専門の医療機関で行われます。

細胞学研究のための準備

結果の情報性と正確さは正しい準備によって決まります。

  • 次の月経周期の5日前までに、月経の5日目まで分析をしないでください。
  • バイオマテリアルをサンプリングする24時間前に、避妊薬を含む医薬品を使用することは推奨されません。
  • 医師に行く前の少なくとも1日は、性的な親密さを控えるべきです。

結論

したがって、植物叢に関する婦人科塗抹標本(その転写産物は上記で与えられている)、細胞学上の汚れは女性の性的な球体の様々な疾患を明らかにすることができ、正確に処方された治療法は最も速い回復の大きなチャンスを与える。

気に入った点 -
0
フロリコーノ症 - それは何ですか?の分析
コプログラム。説明
鼻から好酸球への塗抹。これは何ですか
尿検査:転写および準備
血液検査とその検査のデコード
PAPとは何ですか? PAPテスト:デコードと
HCG - 分析とその特徴の解釈
婦人科医に定期的に塗抹する
子供の血液検査:デコード - できます
トップポスト
アップ